江戸川区で注文住宅を検討するなら

江戸川区は都心に位置しており、暮らしやすい地域のひとつです。
大きな河川がありますので、自然災害対策にも配慮できる注文住宅が魅力的です。自然災害に配慮された一戸建てならば、安心して暮らせます。

江戸川区は標高の低い土地も多く、ゲリラ豪雨の発生時に水害の懸念があります。
水害対策でポイントになるのが、排水性能です。

江戸川区の注文住宅の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

注文住宅では、地下室の設計や三階建てのプランも可能です。


地下室を倉庫として利用するときに、明かり取りとして必要なドライエリアに排水性を備えさせられます。

ドライエリアは、耐久性の高いガラスを天井部分に施工して、水が流れにくい構造にできます。

注文住宅で三階建てを建築すれば、三階部分は水害発生時の避難スペースとして活用できます。



東京湾で大きな地震が発生し、津波の可能性がある場合も、高い場所を自宅で確保できれば安心感につながります。


江戸川区は狭小住宅が建築できる土地も多いので、限られた面積を縦方向に有効活用できる三階建て住宅にも最適です。

建物の高さには制限がありますが、三階建てプランにすれば、水害発生時の避難にも最適な高さを確保しやすくなります。

注文住宅ならば、天井の高さをカスタマイズしやすく、建物としての高さも天井の高さも高めに施工できます。



江戸川区で河川に隣接するような、かなり近いエリアの場合は、屋外からの湿気対策も重要です。
窓を開けて通気性を維持するだけでなく、窓を閉めた状態でも屋内の湿度を調整できるように、設備機器類を備えておくと安心です。

top